[PR]

 政府は21日、青森県を原発の運転で出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地にしないとする従来方針を、同県との間で改めて確認した。使用済み核燃料の再処理政策について関係閣僚と県が意見交換する「核燃料サイクル協議会」を首相官邸で同日開催。国と県の説明によると、加藤勝信官房長官が三村申吾知事に「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら