コロナ、女性の悩み深刻 経済や家庭の問題 7月以降自殺増 厚労相指定センター

有料記事

[PR]

 今年7月以降の女性の自殺者の数が増えているのは、新型コロナウイルスの感染拡大による経済面や家庭での悩みが影響している可能性がある、との分析結果を21日、厚生労働相の指定を受けて自殺対策の調査研究を行う「いのち支える自殺対策推進センター」が発表した。

 警察庁によると、自殺者数は7月から3カ月連続…

この記事は有料記事です。残り880文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント