[PR]

 在日コリアンが多く住む多摩川河川敷で過ごした自らの経験を、2011年の東日本大震災以降、東北の町の復興に生かそうとしてきた研究者がいる。

 河川敷の集落にあった川崎戸手(とで)教会に、1999年から01年にかけて住み込んだ東北工業大准教授の新井信幸(48)だ。大学では建築計画学を専攻している。

 …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら