[PR]

 東京国際映画祭が変わろうとしている。今秋で33回を数える歴史ある映画祭だが、内外の注目度はいま一つ。どうすればよいのか。課題は既に見えている。昨年就任し、積極的な改革を進める安藤裕康チェアマンに聞いた。

 ■コロナ禍でコンペ中止/フィルメックスと同時期開催/是枝監督が企画「アジア交流ラウンジ」

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも