[PR]

 白黒の、低予算で作られたインディーズ小品には違いない。けれど描きだされる空間と人間社会の闇は、簡単には消化しきれないほど巨大で深遠だ。

 神奈川県大和市を舞台に「大和(カリフォルニア)」を撮った宮崎大祐監督が、大阪を舞台に据えた新作。大阪ならではの現実に根差しながらも、射程は、現代社会を生きる世界…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら