デジタル教科書、授業時数の半分以上も 文科省、基準を緩和へ

有料会員記事

[PR]

 小中高校の児童生徒が使うデジタル教科書について、萩生田光一文部科学相は23日、授業時数の2分の1未満とする基準を緩和する方針を表明した。今年度内に小中学生に1人1台のパソコンやタブレット端末が配備される見込みであることもふまえ、来年度から教科書のデジタル化を加速させる。

 学習用のデジタル教科書は…

この記事は有料会員記事です。残り354文字有料会員になると続きをお読みいただけます。