[PR]

 (No.1710)

 細かく刻まれたショウガとニンニクを油で炒める香ばしい香りが、巨大な中華鍋から立ちのぼった。東京都東久留米市にある私立校「自由学園」の調理室。調理リーダーの高校2年生、伊藤駿介さん(16)が「ほかの具材もどんどん入れて!」と、鍋をかき混ぜる同級生らに声をかける。

 時刻は午前…

この記事は有料会員記事です。残り2302文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2302文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2302文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも