[PR]

 夫を亡くした女性が孤独の果てにたどり着いた新たな自由の境地を、ユーモラスに描いた感動作です。題名は「私は私らしく一人で生きていく」の意味で、芥川賞と文芸賞をW受賞した若竹千佐子の同名のベストセラー小説が原作。監督は「モリのいる場所」の沖田修一。東京五輪が開催された1964年に故郷を飛び出して上京し、半世紀余り。75歳の桃子(田中裕子)=写真=は夫亡き後、孤独な日々を送っていました。ある日、心の声である「寂しさたち」が音楽とともにわき上がってきます。蒼井優、東出昌大、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎ら出演。

 ◇11月6日[金]から全国公開。前売り券(1500円)を販売中

 (朝日新聞社など製作)