[PR]

 菅義偉首相が2050年の温室効果ガスの実質ゼロを掲げた背景には、国際的な脱炭素の流れに取り残されかねないという事情もある。政府は技術革新で実現をめざす姿勢をアピールするが、再生可能エネルギーと原発のバランスをどう取るかや、石炭火力をどこまで制限するかなど判断が難しい課題が山積している。▼1面参照

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら