[PR]

 明滅するLED(発光ダイオード)の数字の群れを使った表現で知られる現代美術家の宮島達男(63)が、千葉市美術館での大規模個展をはじめ旺盛な発表を展開している。数字というシンプルな手法に、死生観や文明批評が内包されている。

 床のカーペットのように見える青、赤、黄色の投影画面。その中を、さまざまな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも