[PR]

 民芸運動で知られる思想家・柳宗悦がどうしてもほしかった絵だ。江戸時代、東海道の大津周辺で土産物として売られ、明治に入ると文化人や実業家らが競って収集した大津絵の一つ。かつては小説家の渡辺霞亭(かてい)が所有した。

 1926年に霞亭が亡くなると売り立てに出されたが、宗悦は入札で日本画家の山村耕花に…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら