[PR]

 火力発電所で燃料の石炭と一緒にアンモニアを燃やして二酸化炭素(CO2)の排出を減らす試みを進めるため、経済産業省は27日、企業や政府機関などを集めた協議会を立ち上げた。菅義偉首相が表明した「2050年に温室効果ガスの排出実質ゼロ」の達成手段の一つとして、官民で実用化をめざす。

 協議会には、発電設…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも