[PR]

 吃音(きつおん)と向き合いながら就職活動をする男性の連載に寄せられた保護者世代の方からのお便りです。

 ●話し方の「個性」として

 26歳になる次男は小学1、2年生のとき、週に1度、吃音の通級指導を受けました。当時、私も専門家の講演会に参加し、吃音を「話し方の個性」として受け入れることを学びまし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら