福岡タクシー暴走、上告棄却

有料記事

[PR]

 福岡市博多区で2016年12月、タクシーが時速約86キロで病院に突っ込み3人が死亡、7人が重軽傷を負った事故で、最高裁第一小法廷(木沢克之裁判長)は、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転)の罪に問われた元運転手・松岡龍生被告(68)の上告を棄却した。禁錮5年6カ月とした一審・福岡地裁判決が確定する…

この記事は有料記事です。残り8文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!