[PR]

 闇に足音が響き、佐東利穂子の後ろ姿が浮かぶ。ピアノが鳴り、指先がヴィルトゥオーゾよろしく舞う。曲はグレン・グールド演奏の「ゴルトベルク変奏曲」だ(24日)。

 踊り手はピアニストを演じることも、曲の喚起する感情の表現もしない。原曲は分断と接続を繰り返し、身体は迸(ほとばし)る音の粒と切り結ぶ。残像…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら