[PR]

 文化庁が先月発表した「国語に関する世論調査」によると、SNSなどの普及で文章を発信する機会が増えて、多様な表現を受け入れる傾向が強まったという。コラムニストの小田嶋隆さんはその点を認めつつも、「寛容というより雑になった」と見ている。

 企業経営や政治において、トップの言葉は関係する人々のモチベーシ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら