[PR]

 企業が自らメディアを持ち、消費者や顧客にお役立ち情報などを届ける「オウンドメディア」が変革期を迎えている。発信力を知名度アップに生かす企業がある一方、魅力あるコンテンツの発信を続けられずに閉鎖する動きも目立つ。(杉浦幹治、池上桃子、赤田康和)

 ■「作成簡単、差別化は難しい」

 開発が進む月面探…

この記事は有料会員記事です。残り1633文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1633文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1633文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも