[PR]

 法制審議会が少年法などの改正を29日に答申し、事件に関わった少年を推定できるような「推知報道」を禁じる規定の見直しが盛り込まれた。18、19歳の少年でも、強盗や強制性交といった罪で起訴されれば実名や写真などを報じることを可能とする内容だ。法制定以来初となる見直しに、「犯罪抑止につながる」と歓迎する…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも