(大志 藤井聡太のいる時代)奮闘編:9 初のタイトル挑戦へあと1勝、ミスで逃す

有料記事

[PR]

 「今まで『あと1勝で挑戦』というところまでは来たことがなかったので、そういう状況になったことはうれしく思う」

 プロ入りから3年1カ月。藤井聡太二冠(18)=当時七段=は、7人総当たりの第69期王将戦挑戦者決定リーグ戦で4勝1敗の成績を挙げ、初のタイトル挑戦まであと一歩と迫った。

 リーグ最終戦は…

この記事は有料記事です。残り609文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント