[PR]

 ■夭折の仏作家、名訳と新訳

 マルセル・シュオッブは19世紀末のフランスの小説家で、37歳の若さで死んだ。しばらくは本国でも忘れられた存在だったが、21世紀になって新たな注目が集まり、この日本語版全集と同じ頃にはスペイン語版全集も出た。シュオッブがスペイン語圏で特に評価が高いのは、20世紀文学の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも