[PR]

 高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場の選定プロセスが、北海道の2町村で動き出した。先送りされてきたこの問題、どこから、どうやって解いたらいいだろうか。

 ■国民の合意、原発ゼロ前提 小泉純一郎さん(元首相)

 産業廃棄物の会社だったら処分場がなければ都道府県知事は許可しない。ところが原発…

この記事は有料会員記事です。残り3512文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り3512文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り3512文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも