[PR]

 環境省は4日、北海道紋別市で採取された野鳥のふんから、鳥での感染力や致死率が高い「高病原性鳥インフルエンザウイルス」が検出されたことを受けた緊急調査の結果を発表した。野鳥の大量死の異常は確認できず、感染拡大は起きていない状況だという。

 この調査は、紋別市で10月24日に採取された野鳥のふんからウ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも