(評・音楽)バッハ・コレギウム・ジャパン「リナルド」 純情も激情も、一級の女声陣

有料会員記事

[PR]

 鈴木優人とバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)がヘンデルの「リナルド」を上演した。作曲者が26歳の時、ロンドン・デビューで大成功を収めた「魔法オペラ」の代表作。アリア「涙の流れるままに」が有名だ(10月31日、神奈川県立音楽堂/11月3日、東京オペラシティ)。

 十字軍の騎士リナルドが、敵の魔女…

この記事は有料会員記事です。残り574文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら