(評・映画)「シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!」 創作か現実か、達者な展開

有料記事

[PR]

 原題は「エドモン」。100年以上も世界中で上演されている人気舞台「シラノ・ド・ベルジュラック」の作者の名だ。2016年、アレクシス・ミシャリク(1982年生まれ)は「シラノ」が初演を迎えるまでを史実をもとに舞台化し、モリエール賞を受賞。2年後、自らメガホンをとってこの映画が完成した。

 1897年…

この記事は有料記事です。残り536文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント