(評・映画)「ストックホルム・ケース」 犯人と人質、人間味に満ち

有料記事

[PR]

 ストックホルム症候群という言葉がある。誘拐事件や監禁事件で被害者が犯人と心を通わせる心理現象を指す。1973年、ストックホルムで起こった銀行強盗事件を語源とする。

 これはその事件に基づく映画で、中身が予想できそうに思うが、全編、一瞬も目が離せない。犯人役のイーサン・ホークと、人質役のノオミ・ラパ…

この記事は有料記事です。残り551文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント