(声)恋 胸がなくなっても敬子は敬子や

有料会員記事

[PR]

 ■みんなで語ろう 恋

 主婦 藤山敬子(三重県 63)

 昭和の時代、結婚と言えば見合いか職場恋愛だった。内気な私にとって、男女の出会いは見合いしか考えられなかった。見合いの後はドライブなどに行くのが常で、私たちも例外なく、彼の車で出かけた。

 別れ際、彼はもう一度会ってほしいと言った。私も同じ…

この記事は有料会員記事です。残り309文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら