[PR]

 「ひまわり」も自画像もアルルの風景もある。それがずらり2段掛け。「こんなにゴッホを見られるなんて」と感動してしまいそうだが、色あせていたり、画面がたわんでいたり。実はこれ、すべて古い複製画なのだ。

 日本で泰西名画の現物に触れる機会の限られた1950年代に、ゴッホの複製画展を企画した人物がいる。そ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも