[PR]

 2022年度に成人年齢が18歳に引き下げられることなどから、主権者教育の推進を検討してきた文部科学省の有識者会議が中間報告をまとめた。小中学校からの指導の充実を促し、国に教材の開発を求めたほか、新聞を活用したメディアリテラシーの重要性を指摘している。

 主権者教育は、15年の公職選挙法改正で選挙権…

この記事は有料会員記事です。残り273文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り273文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り273文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも