[PR]

 「新政反対一揆、秩父事件、日比谷焼き打ち事件、関東大震災時の朝鮮人虐殺……何が人びとを駆り立てたのか」。この夏に出版され、話題の中公新書『民衆暴力』表紙の帯にはそう記されている。

 同書は明治初期から大正にかけて起きた四つの事件を取り上げ、暴力をふるう側の論理と心情に迫った。元外務省主任分析官の作…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも