(マダニャイ とことこ散歩旅:465)新宿通り:16 多武峯内藤神社:下

有料会員記事

[PR]

 ■命を懸けて駆けた駿馬

 信州高遠藩主・内藤家の広大な領地のために駆け抜けた1頭の白馬。では、馬のその後は――。18代目当主の内藤頼誼(よりよし)さん(85)は「走り終えると泡を吹いて倒れ、力尽きて死んでしまったそうです」。あくまで伝説だが、悲しい結末だ。

 後に内藤家の家臣が供養のために「駿馬…

この記事は有料会員記事です。残り371文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載マダニャイ とことこ散歩旅

この連載の一覧を見る