また歩ける、希望くれた 脊髄損傷者専門ジム、創設者の半生を本に

有料会員記事

[PR]

 脊髄(せきずい)損傷で歩けなくなると回復しないとされる「常識」に挑み、専門のトレーニングジムを創設した若者がいた。彼の死から10年。このジムで希望をもらった車いすの女性が、恩返しの思いを込めて、若者の半生を書いた本を出版した。

 ■恩返しに出版

 ジムの創設者は、故・渡辺淳さん(享年29)。友人…

この記事は有料会員記事です。残り965文字有料会員になると続きをお読みいただけます。