[PR]

 2011年4月上旬。当時、民主党政権で官房副長官だった福山哲郎氏に福島県飯舘村の菅野典雄村長(当時)は呼ばれた。村内の放射線量が避難基準を上回っていることが分かり、原発事故から1カ月たって全村避難を伝えられた。

 「菅野村長の顔は今も忘れない。真っ青、血の気が引いた表情だった」(福山氏)。村には6…

この記事は有料会員記事です。残り978文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り978文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り978文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも