[PR]

 アクロバティックな打鍵から生まれる爆発的なエネルギー。瀬川裕美子のリサイタルはピエール・ブーレーズの3曲のピアノソナタを軸とする難曲ぞろい。挑発しつつ挑戦するプログラムだ(7日、東京・トッパンホール)。

 瀬川は発想がおもしろい。ここ数年、パウル・クレーの絵画を手がかりにブーレーズの音楽をひもとく…

この記事は有料会員記事です。残り582文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り582文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り582文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも