(山腰修三のメディア私評)学術会議問題 改革を評価し、批判を忌避する「空気」

有料記事

[PR]

 日本学術会議が推薦した学者の一部が、菅義偉首相によって任命を拒否されたことが紛糾している。その背景や問題点についてはすでに各方面で詳細に説明、分析されている。そこでここでは、この問題を取り巻く「空気」について考えてみたい。

 言うまでもなく、この問題にアカデミズムが反発する理由は、究極的には学問や…

この記事は有料記事です。残り2213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。