[PR]

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長は13日、スポーツ庁の藤江陽子次長を訪ね、新型コロナウイルス対策で選手が海外遠征などからの帰国後にある2週間の待機措置の緩和を求めた。政府はすでに、五輪やパラリンピックに関連する選手については、14日間以内でも練習や試合出場を認めており、同様の緩和を訴えた。

 サッカ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも