(書評)『黄禍論 百年の系譜』 廣部泉〈著〉

有料会員記事

[PR]

 黄禍論は、19世紀末の歴史家や軍人などが源流になっていると著者は説く。

 つまるところそれは日本と中国が共同してアジア諸国を率いて、欧米を圧倒するのではないかという恐怖だと指摘する。きっかけは明治期の近衛篤麿の同人種同盟論だったとみる。ヨーロッパで騒がれ、アメリカに浸透した。日本、中国、それにイン…

この記事は有料会員記事です。残り296文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら