(書評)『電柱マニア』 須賀亮行〈著〉

有料会員記事

[PR]

 「私が電柱にハマったのは3歳の頃でした」「小学1年生頃から、割りばしを使った電柱模型作りを始めるようになりました」「私は電柱の柱(棒)だけが好みなのではありません。電柱の魅力は、電柱の上部に付けられている設備(変圧器、がいし、腕金など)があってこそです」

 この前書きが電柱愛に貫かれたマニアックな…

この記事は有料会員記事です。残り307文字有料会員になると続きをお読みいただけます。