[PR]

 ・コロナ禍によって職種や年齢、国籍を問わず、幅広い層が生活危機に直面した

 ・国の対策の柱は、家賃支援と無利子の特例貸し付けの拡充で、申請は激増した

 ・各種給付金や貸し付けの効果や期限が切れる前に、次の対策をとる必要がある

     ◇

 新型コロナウイルスで緊急事態宣言が出た4月から、雇用・生…

この記事は有料会員記事です。残り2141文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2141文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2141文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも