[PR]

 江戸時代の名人、三代伊藤宗看と弟の看寿の詰将棋作品集「将棋無双」「将棋図巧」は、その難解さから「詰むや詰まざるや」と呼ばれる。両作品集を収め、その呼称を書名にして1975年に出された本のコンパクト版。作品解説は詰将棋作家の故門脇芳雄さん。詰将棋作家で英文学者の若島正さんが巻末の解説を新たに寄せた…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら