[PR]

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は16日、旧優生保護法のもとで不妊手術を強制された被害者への一時金支給を報じた札幌テレビ放送(STV)のニュース番組について「名誉毀損(きそん)等の人権侵害はなく、放送倫理上の問題も認められない」とする見解を発表した。

 番組をめぐっては、同局の記者…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも