核ごみ処分場、初の文献調査 経産相、北海道2町村で認可 交付金、最大20億円

有料会員記事

[PR]

 原発から出る「核のごみ」(高レベル放射性廃棄物)の最終処分場をめぐり、梶山弘志経済産業相は17日、国の選定プロセスの第1段階である「文献調査」を、北海道の寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村で始めるための計画を認可した。認可は、高知県東洋町が応募した2007年以来13年ぶり。文献調査が実施され…

この記事は有料会員記事です。残り797文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら