「大銀杏」土俵際 需要減・後継者難…コロナで出番も減る 根元を縛る「元結」、唯一の職人は89歳

有料会員記事

[PR]

 土俵を彩る「大銀杏(おおいちょう)」を守れるか――。力士のまげに携わる伝統産業が需要減と後継者不足に悩みながら、踏ん張っている。ただ新型コロナウイルスが追い打ちをかけているようだ。

 大相撲11月場所開催中の東京・両国の国技館かいわい。電車で、飲食店で、独特の甘い香りが漂う。きっと近くに、力士が…

この記事は有料会員記事です。残り1640文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら