超新星爆発で生じた素粒子ニュートリノを史上初めて観測した東京大特別栄誉教授の小柴昌俊さんが12日、94歳で亡くなった。「ニュートリノ天文学」という新分野を切り開き、日本の科学界に多くの遺産を残した「巨人」だった。

 ■「誰もやらない実験を」カミオカンデに情熱 史上初観測の偉業、後輩らの成果続く

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも