[PR]

 7月の記録的豪雨で氾濫(はんらん)した熊本県南部の球磨(くま)川の治水対策をめぐり、蒲島郁夫知事は19日、最大支流である川辺川への治水専用ダム建設を認める意向を県議会全員協議会で表明した。蒲島知事は2008年に川辺川ダム計画の「白紙撤回」を表明し、ダム以外の治水策を検討してきたが、豪雨災害を受けて…

この記事は有料会員記事です。残り1468文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1468文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1468文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも