[PR]

 自民党の宏池会(岸田派)会長を務める岸田文雄前政調会長が、次期衆院選の候補者調整をめぐって難しい判断を迫られている。同派の牙城(がじょう)とされる広島県では、地元県連が反発するなか、公明党が候補者擁立を決定。ほかの選挙区でも二階派などと競合が相次いでいる。岸田氏の対応次第では、求心力の低下を招きか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも