賠償、アレフへの命令確定

[PR]

 オウム真理教事件の被害者や遺族に賠償金を分配する「オウム真理教犯罪被害者支援機構」が後継団体「アレフ」に未払い金の支払いを求めた訴訟で、最高裁第三小法廷(林道晴裁判長)はアレフ側の上告を退けた。請求通り約10億2500万円の支払いを命じた二審判決が確定した。17日付の決定。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント