朝日小学生新聞

有料会員記事

[PR]

 顔を見ても誰の顔かわからず、個人の判別がつかない――。これは「相貌失認(そうぼうしつにん)」と呼ばれる、脳の障害の一種です。症状が重い人では、親やきょうだいなど、近しい人の顔もわかりません。先天的に発症する確率は2%とも考えられています。

 ある大学生の女性は、小さい頃から友達の顔が覚えられず、人…

この記事は有料会員記事です。残り78文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら