「2000個問題」情報共有の壁 個人情報条例、共通ルール化着手 コロナ対策でも支障

有料記事

[PR]

 全国の自治体などに約2千個あると言われる個人情報保護条例。国と地方などの情報共有の壁になってきた、この「2千個問題」を解消するため、政府は個人情報保護法を改正し、全国共通のルールづくりに乗り出す。新型コロナウイルスへの対応でも、患者などの情報共有に支障が出ており、来年の通常国会にも改正案を提出する…

この記事は有料記事です。残り1345文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント