[PR]

 冬の伝統行事がコロナ禍で揺れている。大みそかに異形の姿で家々を訪れる秋田県の「男鹿のナマハゲ」は、飛沫(ひまつ)感染を防ぐため「泣く子はいねが」と叫ばないことを決めた地区もある。「奇祭」と呼ばれる東北の他の行事も、悩ましい判断を迫られている。(野城千穂、大西英正)

 ナマハゲは神の使いや化身とさ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも