[PR]

 心あてに折らばや折らむ初霜の

 置きまどはせる白菊の花

 (『古今和歌集』秋下・277番 『小倉百人一首』29番 凡河内躬恒〈おおしこうちのみつね〉)

 To pluck a stem

 I shall have to guess

 for I cannot tell apart

 white c…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも